探偵の自動車ナンバー調査

探偵社や興信所が受ける調査には『探偵の自動車ナンバー調査』という調査もあります。

自動車の登録ナンバーからその自動車の所有者情報を得るということが調査内容なのですが、以前であれば登録ナンバーを管轄の陸運局に問い合わせればその車の所有者情報(正確には車検証の記載内容)を入手することができましたが、現在では個人情報保護法のもと、簡単に情報を得ることができなくなりました。
自動車ナンバーと車台番号(エンジンルーム等に刻印されている車個体のナンバー)を添えつけて、合理的理由があればようやく自動車所有者情報を得ることができるのです。このようなことが背景にあるため、最近では探偵の自動車ナンバー調査自体を受ける探偵社や興信所が少なくなっているとも聞きます。
車台番号の入手が困難だからです。盗難車であれば自動車ナンバーと車台番号が一致していないケースもあり、調査が失敗に終わるからです。
また、探偵社や興信所に認められている調査方法は『聞き込み、張り込み、尾行』のみですから、子それでは調査できないというのが現状です。
ただ、自動車を尾行し、運転者の住所や行動パターンを掴むことは可能ですが、時間を要することは間違いありません。